トップ

手の甲にできたシミを消す

毎日鏡の前で向き合うことになる顔。顔にできたシミやシワ、たるみなどは気になって、高級な化粧品でアンチエイジングケアに余念がない、という方は少なくないことでしょう。しかし、見落としがちなのが手の甲のシミ。

化粧で隠すことができない分、実は男性は女性の若さを顔ではなく首や手で判断しているのです。どんなに完璧にメイクで若さを保っていても、手の甲のシミは隠し切れません。そのため、手の甲にシミがあるだけでとても老けて見えるのです。手の甲のシミ治療がしたいならこのサイトをご覧ください。為になる情報を手に入れることができます。

では、手の甲のシミの原因とは何でしょうか。手の甲のシミは顔にできるシミと原因は同じで大部分は紫外線によります。紫外線対策として長めの手袋をしていても、手を使った作業がしにくいので、手の甲の部分は手袋をはずして着けているということはありませんか。

また、日焼け止めを塗っても手を洗った後に毎回塗りなおしているという人は少ないかもしれません。このように手の甲は紫外線対策をしているようで、実際にはできていないことが多い箇所なんです。紫外線対策を油断してしまいがちな箇所のためシミができやすくなります。

手の甲のシミを予防するためには、まずは紫外線対策が不可欠です。紫外線に当らないように注意し、日焼け止めもこまめに塗りなおすようにしましょう。また、シミ対策には保湿も欠かせません。手が乾燥しやすいという方は特に注意が必要です。肌が乾燥しているとバリア機能が低下しているために、外からの刺激を受けやすく、刺激から身を守るためにシミの原因となるメラニンが発生しやすい状態になっています。こまめに保湿を心がけることでシミのないふっくらとした手の甲を目指しましょう。